sumus

- Topics -

Topics

貴社の業務を理解したうえでオペレーションの最適化を図り、
より高い品質と顧客満足を達成することで、
貴社への正しいソリューションを生み出すこと。

【解析・改善】解析ツール<Googleアナリティクス>を効果的に使いこなす!勉強会のご案内

FEB22, 2018 / Written by yuko - Event -

apple-devices-books-business

Webサイトを活用してビジネスを行うことが当たり前となっている今、Webサイトが効果的に機能しているかを判断するためには、解析ツールの利用は欠かせません。
しかし、Webサイトの通常運用もしながら、サイトの解析を行い、改善目標を定め、改善を行って結果をさらに解析するといった、PDCAサイクルを回していくというのは、なかなか難しいものです。
今回はそんなWeb担当者様、経営者様のためにGoogleアナリティクスなど、解析ツールを効果的に使い、Webサイトの効果的な改善を行うことができるようセミナーを準備いたしました。
御社のWebサイトを最大限活用するため、ぜひご参加ください!

こんなWeb担当者様、経営者様におすすめ!

以下に1つでもチェックがつく企業様はぜひ、セミナーにご参加ください。 (ご期待に応える情報が必ずあります)

1
解析結果をどう活かしていいのかわからない
2
解析結果から改善箇所の目標設定ができない
3
ツールは入れているが忙しく使いこなせていない
4
改善しているつもりが結果になかなか反映されない

セミナーの目的

Webサイトの構造を理解し、最適な目標を設定する 本セミナーではサイトの構造全体を理解し、最適な目標ができるよう、数字の見かたなどを丁寧に解説いたします。 基本を学ぶことで常にあたらしくなるツールへも柔軟に対応できるようになります。 解析だけでなく、実務レベルで役立つスキルを ツールが使えるだけでは意味がありません。 数字の意味が見えてきたら次は、PCDAをどう効率的に回すのか、また現場のWeb制作者へのスムーズな依頼方法など、実際に担当者様が必要なテクニックをお伝えいたします。  

Googleアナリティクスとは

logo_lockup_analytics_icon_vertical_black_2x

Googleアナリティクス(Google Analytics)は、Googleが無料で提供するWebページ・サイトのアクセス解析サービスです。 Googleアナリティクスを使うことでユーザーがどのようにサイトを見ているのか解析することができます。

例えば、 ・アクセスが多いのはどのページなのか ・ユーザーがどのサイト(検索やSNS)から訪問しているのか ・ユーザーが最後に見たページはどこなのか ・PCユーザー、スマホユーザーどちらが多いのか

これらの数字をグラフや表で確認することができ、そのサイトの改善点を解析していきます。        

講師紹介

sato1

株式会社 SUMUS チーフコンサルタント 佐藤 政嗣

飲食、IT、不動産の分野で現場業務を経験。その後、経営者としてIT事業会社の経営に携わり、同社の事業成長に貢献。現在はアプリ開発や助成金・補助金コンサルティングに携わる。

akiyama3

労務コンサルタント 秋山智和

建設・建築企業に特化した社会保険、労働保険事業に16年間従事。労働管理を中心に中小企業経営の健全化に貢献。自治体顧問機関の審議員として労働環境改革の基本条例制定にかかわる。人材育成の根幹は企業の労務リスクの回避が新年。ロードバイクレースを趣味にもつ体育会系。

セミナーの概要

主な内容 ・Webサイト運用の問題点 ・Googleアナリティクスの効果的な解析方法 ・具体的な目標のたて方 ・解析結果を元にした改善計画と企画のたて方 など
場所/日程 応相談
料金 1万円/1回(1社あたり3名様まで参加可能)

解析ツール基本用語集

解析ツールの基本用語についてご紹介します。

セッション(訪問数)

Webサイトを訪れたユーザーがアクセスしてからサイトを離脱するまでを1セッションとしてカウントしています。 ただし、30分以上そのユーザーがアクセスし続けていた場合には、別セッションとして1カウントされます。 例えば、1ユーザーが1時間連続でサイトにアクセスしていた場合は2セッションとカウントされます。

ユーザー

ユーザーとはサイトにアクセスしたユニークユーザーのことを指します。ユニークユーザー数、通称UU数ですが、特定の期間内にサイトを訪れた人の数となります。仮に1ヶ月の期間を設定しユニークユーザー数をカウントする場合、Aさんが1ヶ月に10回アクセスしても1回しかアクセスしなくても、ユニークユーザー数は1となります。

PV(ページビュー)数

PV(ページビュー)数とはWebサイトのページがとれだけ閲覧されているかという数値になります。 例えば、AさんがLPページを閲覧しその後サイト内のページを5P閲覧すると、合計で6Pの閲覧となり6PV(ページビュー)とカウントされます。

離脱率

離脱率とは対象ページのすべてのPVのうちユーザーが最後に閲覧したページの割合です。 ユーザーがお問い合わせなどを完了し、サンクスページで離脱していれば良いのですが、途中のページで離脱率が高いなどの場合、そのページに問題があることが考えられます。

一覧へ戻る

mautic is open source marketing automation