sumus

- Topics -

Topics

貴社の業務を理解したうえでオペレーションの最適化を図り、
より高い品質と顧客満足を達成することで、
貴社への正しいソリューションを生み出すこと。

警告表示が開始されました!SSL化はお済みでしょうか。

JUL19, 2018 / Written by yuko - Column -

警告表示が開始されました!SSL化はお済みでしょうか。

「WebサイトのSSL化したほうがいいですよ!」と言われながら、 なんとなくやらなくてはいけないのだろうけど……今すぐサイトが表示されなくなるわけではないし…… と放置していませんでしたか? 今年7月、いよいよwebサイトをSSL化しなければならない状況となってきています。 今回のコラムでは、SSLってそもそも何なの? なぜ対応しなければならないの? というところを、わかりやすくお伝えいたします!  

そもそもSSLってなに?

SSL(Secure Sockets Layer)とは、インターネット上でデータをやり取りする際、暗号化して送受信する仕組みのことを言います。通信するデータを暗号化することにより、重要なデータを第三者が盗み、悪用するようなことを防ぐことができます。 今までは、個人情報などをやり取りするメールフォームや、クレジットカード情報などの提供が必要なショッピングサイトといった、必要とされる部分にのみ採用されることがほとんどでした。 これからはサイトの一部のみSSL化するのではなく、『常時SSL』と言って、サイト全体をSSL化しましょうという流れになっています。  

警告表示って?

今までも、ブラウザのアドレスバーの部分にSSL化されている場合には鍵のアイコンが付くといった形で、ユーザーに通知されてきました。 そして今回、7月にリリースされたGoogle Chromeの新バージョンから、SSL化されていないページに対し『保護されていません』と警告表示が表示されるようになりました。 今までの、保護されている場合に鍵マークが表示されるだけでなく、SSL化されていないことに対して警告表示される方向となったのです。 さらに警告表示は次期バージョンでは強化されることがすでに告知されています。  

対応すると、どんなメリットがあるの?

まず、これらの告知がgoogleから出されているということが、一つの重要な点です。 Google Chromeという限られたブラウザの問題と切り捨てるわけに行かない理由があるのです。 googleといえば、検索順位を確定し、サーチコンソールやサイトの解析ツールであるアナリティクスを提供、さらに検索結果に広告を出すアドワーズなどもすべてgoogleのサービスです。 つまり、googleが推奨するルールにのっとること、すなわちサイト価値の向上、そしてSEO対策やユーザーの安心感へ繋がっていきます。  

少しでも早く対応したい!

ここまでの説明からSSL化するメリットはあれど、デメリットはありません。 サイト全体が暗号化通信され、安心安全であるということは、単純にユーザーのメリットしかないのです。 もし、まだSSL化対応ができていない、SSL化したいけど、なにから手をつけて良いのかわからない、といったお悩みをお抱えでしたら、ぜひお気軽に弊社までお問い合わせください。 御社の状況を確認し、SSL化の対応をサポートさせていただきます!

一覧へ戻る

mautic is open source marketing automation