sumus

- Topics -

Topics

貴社の業務を理解したうえでオペレーションの最適化を図り、
より高い品質と顧客満足を達成することで、
貴社への正しいソリューションを生み出すこと。

導入して満足してはダメ!マーケティングオートメーションで利益を最大化するには

APR02, 2017 / Written by yuko - Column -

導入して満足してはダメ!マーケティングオートメーションで利益を最大化するには

前回の記事では、MAとはどんなものを説明したうえで、導入するメリットなどを説明しました。今回の記事では、MAをうまく活用するために気を付けるべきポイントや、失敗しない為に事前に考えておくべきことに触れていきます。

せっかく導入するなら最大限活用したい!そんな悩みを解決いたします。

マーケティングオートメーションをうまく活用するには

MAを有効的に使用するために考えておくべきポイントを3つご紹介します。

目的(ゴール)を明確化

どの事業をやるにしても言えることですが、目的(ゴール)を明確化することが大前提であり、最重要事項となります。MAを導入してみたものの、どこに向かってMAを活用して進んでいけばよいのかわからなければ、必ず失敗することになってしまうでしょう。また、明確なゴールがないままMAを導入し、逆に非効率な作業を増やしてしまうケースすらあります。
導入前に何をしたいのかを必ず定め、会社として明確なゴールを定めるようにしましょう。

見込み客(ペルソナ)の選定

ゴールが決まったら、それに向けてどんな見込み客(ペルソナ)に向けて活用していくのかを具体化しましょう。ペルソナは細かければ細かいほどMAの効果は大きくなります。「年齢・性別・趣味・家族構成・年収・使用しているWEサイト・行動パターン……」など、様々な状況を考慮したうえでペルソナを決めるとよいでしょう。

集客~制約までの流れをイメージする

ゴールとペルソナが明確化できたら、MAを使った集客~成約までの流れをイメージしてみましょう。サイトにたどり着く行動、サイトにたどり着いてからのサイト内行動など、細かくイメージすることが大切です。この際、既存客としてデータベース上に顧客情報がある方と照らし合わせたりしながら、「ゴールは間違っていないか」「ペルソナは正しく選定されているか」の点を見極めるとよいでしょう。

マーケテイングオートメーションで失敗しない為には

MAは単に売上を上げてくれるツールではなりません。よくありがちな失敗例としては、メルマガの自動配信を垂れ流すだけで、まったく効果が得られないというものです。これまで説明してきたように、あくまでMAはマーケティングの一部分を支援してくれるシステムであり、全て任せておけばOKというものではありません。

MAで実際に何をしたいのかを明確にし、最適な機能を取捨選択して使用する事が成功するカギとなります。また、MAへの理解が深いスタッフがいない場合には最小限の機能から始め、MAを使いながらともに成長していくことをおすすめします。

一覧へ戻る

mautic is open source marketing automation