sumus

- Topics -

Topics

貴社の業務を理解したうえでオペレーションの最適化を図り、
より高い品質と顧客満足を達成することで、
貴社への正しいソリューションを生み出すこと。

休日出勤に関するアレコレ(3)休日出勤は強制?それとも拒否可能?

DEC05, 2017 / Written by yuko - Column -

休日出勤に関するアレコレ(3)休日出勤は強制?それとも拒否可能?

突然上司から声をかけられ、休日出勤を頼まれた。ただ、その日は前から予定が入っていてどうしても外せない。こんな経験あるのではないでしょうか? そんな時「休日出勤って強制なの?」「断ってもいいの?」何てことを考えたこともきっとあるはず。

今回は、そんな休日出勤について書いていきます。

休日出勤を断ると懲戒処分になったケースも?

会社側が従業員に休日出勤をさせるためには、実は以下の条件が必要になります。

①就業規則or雇用契約書に、会社が労働者に休日出勤を命じることができる旨を明記。
②36協定を締結し、事業所所轄の労働基準監督署へ提出する。
③正当な残業理由がある事

上記の3つの条件をクリアしている場合のみ、休日出勤を業務命令として命ずることができます。従業員の方は、契約書に休日出勤の事項が書かれている以上、残業を正当な理由なく拒否する事は業務命令違反になります。残業を拒否し続け、雇用契約違反になってしまったケースもあるので覚えておきましょう。
しかし、休日労働には合理的な理由は必ず必要になるため、不必要な休日出勤は断ることができます。
ただし、実際には強制的な休日出勤は社会的にも問題になりやすい為、企業側と従業員がお互いに納得した上で、出勤させるケースが多いようです。

パートやアルバイトの休日出勤はどうなるのか

これまで休日出勤について書いてきましたが、パートやアルバイトの方が休日出勤した場合はどうなるのでしょう。

実は、基本的に割増賃金を支払う必要がないケースが多いです。というのも、シフト制度で管理されている場合は、法定休日という概念が当てはまらないからです。そのため、1週間1日以上の休みが確保されていれば、たとえ出勤予定の無い日に出勤させたとしても、割増賃金の対象にはならないという事です。

ただし、休日出勤をしたために週の労働時間が40時間を超える場合は、一般社員と同様で割増賃金の対象になるので注意しましょう。
 
休日出勤に関しては様々なルールが法律で決められています。これまで休日出勤に関する記事を①~③まで書いてきましたが、一つ一つをしっかり理解しておくことが大切です。ぜひ、自分が働いている今の環境ではしっかりルールが守られているのか確認してみるのもいいかもしれませんね。
 

一覧へ戻る

mautic is open source marketing automation